食欲あり

a0122120_7313250.jpg




ゴンといえば、まん丸顔で、「満月君」と幼馴染のママンからあだ名をつけられたっていうのに、すっかり痩せて、ほっそり顔に。

ダイエットをいくらやっても痩せなくて、ちょっと食べただけで太っていたのに、これだけおやつを追加していても、まだ太らない(凹)

6月に狂犬病の注射をしたとき、13キロとマックスに太っていたので、思い切ってぐっとご飯の量を減らしたら、12キロまで減らすことができ、これで維持・・・と思っていた。

その後下痢になり、絶食したり、おかゆにしたり・・・で、さらに減量して、今は11キロ。

若いときの体重に戻った。

さわれなかったわき腹のアバラもしっかり触れて、このままなら、ベスト体重なんだけど・・・。


朝食****

イワシ・鶏レバー
ゴーヤ・大根(すったのを生のまま)
ヨーグルト
醗酵ベジフルーツ・わんこミルク
ジェイソン・ウィンターティー

チーズ(薬入り)


午前中にインターフェロン2回目を打ってきた。
体重増加11.4キロ。日曜日から400g増えた。

ゴンの体重増加で喜んだのなんて、初めて(笑)

熱は38度だった。

この診断がでるより少し前から、呼吸が荒い。
浅い呼吸。
こちらが動画


呼吸が荒いときと、落ち着いているときとがある。

おやつ****

鮭ジャーキー2本
チーズ


4時ごろ急に外に出たがったので、連れ出すと、たっぷりのおしっことウンチ。
ウンチは良好。

でも、おしっこの量が増えたのと、ガスがたまっているようで、時々おならをする。


夕方の散歩は元気に歩いた。

夕食****

まぐろ(切り落とし)・豆腐(生姜のすりおろし入り)
トマト・しめじ・モロヘイヤ
ゴーヤ・大根(すったもの、生のまま)
ヴェジタブル・わんこミルク・フィッシュオイル・ヨーグルト
ベータゴールド

チーズ(薬入り)


夕食前、ケージで横になっているようすが、すごく疲れたようなしんどそうに見えた。

が。

夕食時は、自分から出てきて、ちゃんとスタンバイしていた。
食欲はある。


食べているうちは、死なない。

ひなのときに痛感した、いまや持論。
うちの子に限っては。食べているうちは、死なない。
[PR]

# by yknor | 2010-09-02 07:17 | リンパ種

しんどそう?

なんだか今日は朝からけだるそうに見える。

とはいえ、食欲はあった。

朝食****

豚もも肉(昨夜の残り)・豆腐
醗酵ベジフルーツ・わんこミルク
ベータゴールド・フィッシュオイル
ジェイソン・ウィンターティー

フィラリア薬

しっかり完食

インターフェロンは、本当に副作用はないのだろうか?
気になる。

おやつ****

ハーゲンダッツアイス バニラ  大匙2

夕方の散歩で、どれだけぶりか・・・・という、いいウンチをした。
たぶん1ヶ月以上ぶり。


夕食*****

イワシ・鶏レバー・豆腐・トマト・・・煮る
ゴーヤ・大根(フードプロセッサーで微塵にして、生のまま)
ヴェジタブル粉・わんこミルク・フィッシュオイル
ベータゴールド
ジェイソン・ウィンターティー

チーズ(薬入り)

完食
かなり食欲はある。

川遊びに連れて行ってやりたいと思うのだけれど、免疫が落ちているようなので、感染症が気になり、尻込みしてしまう。

ゴンはボール遊びと泳ぐのが大好きだから、元気なうちにやらせてあげたいのだけれど。

でも、万が一、リンパ腫じゃなくて(諦めが悪い(笑))ただの「何か」であって、抵抗力が落ちているだけで、なにかに感染したことで、重篤になったらという気持ちもあるし・・・・

・・・可能性は、低いけど(- -;)


インターフェロンについて、獣医さんとお話をした。
やはり、副作用については、あまり心配する必要はなく、今打つ価値はあるということだったので、ゴンの調子を見ながら打つことに。

ただ、週に3回というのは、アトピーのときの標準で、腫瘍にたいしてのデータはまだ少ないのでとのことだった。

調子などによっては、減らして接種してもいいのかも。
[PR]

# by yknor | 2010-09-01 08:39 | リンパ種

インターフェロン接種

あるかた(動物病院関係のかた)に、ゴンのことを話したところ、私の方針での治療でいくなら(抗がん剤治療をしない)、ステロイドに加えてインターフェロンを打ったらどうかと言われた。

診察してくださっている獣医さんも、同じことをおっしゃっていたけれど、イメージとして、すごく副作用があるような気がしていたし、なんとなく気休めっぽい気がしていたから、検討することもなかったけれど、免疫をあげるという観点からも有効とのこと。

ならばと、腫瘍と戦う免疫力アップを期待して、インターフェロンを接種することにし、早速病院へ。

でも、週3回1ヶ月打つと説明を受けたが、予想よりも金額が張るため、まずは、1~2週間打って様子を見てから決めることにした。

まずは、1週間3回を2クールやろうかなと思う。

インターフェロンというと、パルボのときに打つ、人間なら、肝炎のかたが打つ・・・というイメージ。

獣医さんの説明では、インターフェロンは、免疫をあげて、腫瘍と戦う力を強化する・・・という目的なので、直接効くわけではないし、効くかどうかわからないけれど、最近では、抗腫瘍も認められているらしいと、とのこと。

ゴンに効果があるといいな。

打ったのは、イヌインターフェロンγ(ガンマ)インタードッグ

ステロイドとも相乗効果を期待。

ステロイドが効いてきたのか、今日からとても元気になった。
どこが・・・というのはないけれど、朝の散歩はぐいぐい歩いたらしいし、食欲もかなり出てきた。

昨日までも食欲はあったけれど、ブレがある感じだったし、食べるものと食べないものの波があった気がする。

今ならドッグフードをあげても食べるような気がするけど、当面は手作りオンリーにする予定。

朝食****

昨夜の残り
イワシ、野菜(オクラ、まいたけ、ブロッコリースプラウト)
ヨーグルト
わんこミルク
ヴェジタブル粉
ベータゴールド
フィッシュオイル

チーズ(薬入り)


昼のおやつ****

チーズ
鮭ジャーキー

バクバク。食欲大有り(笑)


ジェイソンウィンターティー+わんこミルク(水分補給)


夕食*******
豚モモ・・・ゆでたもの
納豆・ブロッコリースプラウト
ヴェジタブル・わんこミルク・醗酵ベジフルーツ・ヴェジタブル
ベータゴールド・ジェイソンウィンターティー・フィッシュオイル

完食

久しぶりに、ご飯準備中に、キッチンまで来ていた。

それとは裏腹に、午後はちょっとけだるそうな雰囲気。
しんどそうに見えるような、そう見るからなのか・・・

散歩に行くときは、動こうとしないので、玄関まで抱っこをしていったら、玄関からは、勇んで散歩に出発。

すぐ帰るかと思ったら、ぐいぐい進んで行き、公園ではボール遊びを催促。

2回だけレトリーブして帰る。
まだやりたそうだった。
[PR]

# by yknor | 2010-08-31 13:26 | リンパ種

食事

自分の記録のために。


昨日は、フードはもちろん、手作り食(昨夜の残り)も食べなかったので、何を食べるかと、食べかけのパンをあげてみたら、パクついた。
白ご飯も。

でも、本来は、炭水化物はガンのときには避けたいもの(というより、やめたいもの)

でも、あきらめモードだったので、炭水化物だろうと、食べられるものを食べさせるしかない・・・と、もう何でもいいから、食べるものをあげる・・・・という気分だった。

けど、まだほかのものを食べるうちは、食べる何か違うものでチャレンジしようと、やっと戦う気持ちになってきた。

抗がん剤治療はしないけど、しない範囲で戦うってことにしてみよう。


今朝のご飯*********


鳥レバーミンチ(ゆでる)
醗酵ベジフルーツ(大匙1)
バナナ(つぶす)・・・これは残した。
ブロッコリースプラウト
ゴーヤ(フードプロセッサーで、微塵にし、そのまま生で)
ヨーグルト・はちみつ・フィッシュオイル

いただいたきのこサプリ(ベータゴールド)


***ほぼ食べたけど、最後に、野菜類はちょっと残す。


チーズ(薬を包んであげた)

私が食べていたヨーグルト(はちみつ、大麦若葉の粉末入り)

食欲はある(食べたいもの)


おやつ*******

12時ごろ・・・・ハーゲンダッツのバニラアイス(2口)

3時ごろ・・・・・弟が、ゴンに会いに来て、チーズを

夕方・・・・・・・ハーゲンダッツのアイス(2口)
         チーズ(薬入り)



夕方ドッグランに、全員で出動。

ゴンは元気にボール遊び。
ガンだなんて、信じられない・・・・

食欲もでてきたよう。ステロイドの効果かな・・・

夕食*******

イワシ(圧力鍋で「ジェイソン・ウィンターティー」で、しっかり煮る)
オクラ・まいたけ・トマト・ブロッコリースプラウト(生)豆腐
わんこミルク・・・大匙1
ヴェジタブル粉・・・大匙1

サプリ・ベータゴールド・フィッシュオイル

久しぶりに完食!

昨日の下痢以来、排便はなし。
[PR]

# by yknor | 2010-08-30 08:07 | リンパ種

リンパ腫?

記録のために・・・・

8月29日

エコー、血液検査、検便、レントゲン検査実施

まずエコーで腫瘍っぽいかたまりが見つかり、血液検査で異形のリンパ球がたくさんみつかる。
形が悪いもので、リンパ腫の疑い濃厚。
貧血がすすんでいる。

細胞診はしていないため、確定診断はできないものの、可能性はかなり高い。

方針として、

抗がん剤治療は行わない
極力苦痛の少ない、快適に過ごせるようにする対処療法で


まずは
ステロイド、抗生剤、整腸剤が処方される。


発見のきっかけは・・・

1ヶ月前から、下痢が始まり、よくなったり悪くなったりを繰り返したこと。
発見のきっかけは、4日ほどまえから、朝のフードを食べなかったこと。
エバほどの暑がりではなかったのに、エアコンの部屋で、はぁはぁ言うことがある。

うちの子がご飯を残すことはありえないから、ご飯を食べない=命の関わる・・・になるから。

本日の外出の際、突然車の中で、ピーピー言い出し、即下痢噴出。
ちょっと血便っぽい感じ。

これはもう、メトロニダゾールではダメだし、ただの夏ばての下痢ではないような気がすると思ったから。

外出先から病院へ直行で、検査をしていただき、確定ではないものの(細胞診をしていないから)、リンパ腫の疑い濃厚となった。

腸管のあたりに3つほどの腫瘍らしきものが。

リンパ腫ならば、総合してステージ5といわれる。つまり末期。
処置をしなければ、1ヶ月ぐらい、ステロイド等の処置で2~3ヶ月ぐらいの余命(かな?)

ドッグフードは、数日前からほとんど食べなくなった。
手作り食は食べる。

ただし、手作り食でも、昨夜食べたものを翌朝食べないことも。


昨夜は、鮭のおじや。
今日は、アジのつみれ、豆腐、大麦若葉
チーズ、パン、白いご飯、ボーロは食べる。
(ガンに、炭水化物が悪い・・・なんて、言ってられない。食べるものを食べさせる・・・)

梨は食べない。



散歩で時々へばるときがある。
でも、川には飛び込みたがるし、ボール遊びをしてダッシュはする
[PR]

# by yknor | 2010-08-29 23:23
line

リンパ腫の疑い濃厚な柴犬12歳9ヶ月の記録


by yknor
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30