まだ、立ち直れなくて・・・・

今まで犬を飼ったことはあったものの、実家の犬。
子供だった私は、普通に可愛がり、それよりも自分の学校や仕事に忙しくて、亡くなるときにも居合わせることができず、大急ぎで帰ってきても、もう亡くなって1時間後・・・・という感じだった。

だから、自分で飼った犬は初めて。

看取るのも初めて。

大病の犬と接したのも、初めて。


12年といえば、中型犬の寿命としては短いと思う。

でも12年って、単純に言えば、短い年月じゃない。

ゴンとは色んな場所に遊びに行ったし、ふたりだけで過ごした時間が長くて、やっぱりほかの子たちよりも密度が高かったと思う。


それを考えると、ほかの子たちとは、ゴンご同じ密度で過ごしていないように思う。
反省・・・


ゴンがリンパ腫になったのは、私のせいではないかと、病気がわかってから、自分をすごく責めた。

責めるだけじゃなく、正直言うと、

癌にだけはならないように、ご飯も一生懸命考えたつもりだったのに。
ドッグフードだって、多少なりともいいものをと考えつもりだったのに。

ホームセンターで10キロ1000円とかの激安のものを食べている子が元気なのに、なんで・・・・と、恨めしくも思った。

悔しくて悔しくて、今もそういう後悔というか、やり場のない腹立ちがある。
誰のせいなの、なにが悪かったの・・・・?って。


レスキューで預かりたちが入れ替わり頻繁に来ることが、ストレスだったのだろうか・・・とか
何頭もいっしょに過ごすことがストレスだったのだろうか・・・・とか


錯乱するような嘆き悲しみは、今はないけれど、落ち着いたのではなく、

放心状態。


抜け殻のような・・・・


何もやる気が起こらない。


それでも、まだ実は、半分は実感が沸いていないようなところもある。


まだずっとゴンのご飯も作って備えているし。

来年また川遊びに行こうって思っていたのに。

秋にキャンプに行こうって思っていたのに。


ゴンに会いたい。
[PR]

by yknor | 2010-10-26 21:59 | リンパ種
line

リンパ腫の疑い濃厚な柴犬12歳9ヶ月の記録


by yknor
line
カレンダー